始めよう!アパート経営

   

日本でもアパート経営がブームになっています。周囲から不動産を買ったという話を耳にする人も増えてきたのではないでしょうか。ここでは、資産運用のためにアパート経営を始めることを考えてみましょう。
アパートを経営するメリットとして大きいのは、ほかの不動産に比べて少ない資金で経営できることがあげられます。理由としては、物件を買うだけの頭金があれば残りはローンを利用して経営できるためです。得られた家賃収入をローンの返済にあてて、返済が完了すれば以降の家賃はすべて利益になります。
なお、基本的にアパートローンは物件収益で払うことが想定されているため、高収益が見込まれていれば資金が少なくても大丈夫という仕組みになっています。

始めるのに必要な資金の目安とは

融資を受ける場合、できるだけ自己資金を使わずに購入するのがおすすめです。潤沢にあれば問題はありませんが、多くの場合は少ない中からやりくりするでしょう。設備が故障するなど突発的な出費は十分に想定されるため、すぐに動かせるお金は手元に置いておきたいものです。目安として300万円は欲しいところです。
金融機関からの融資となれば、当然のように年収が審査基準に含まれます。これも十分に高ければ問題はないのですが、銀行や信用金庫から融資を受ける場合、最低でも500万円以上は欲しいところです。
そこまでの年収がなくても、あきらめる必要はありません。俗に国金と呼ばれる日本政策金融公庫や商工中金など、政府系の銀行も選択肢に入れて考えましょう。これらの金融機関は、銀行や信用金庫などの民間企業が融資をしない相手に融資をすることを目的に存在しているため、審査基準が異なります。中小企業の支援が目的のため何億円もの融資は難しいですが、相談する価値は十分にあると言えます。

いい物件選びは熱意が成否をわける

お金の面で目処が立てば、あとはどれだけ好条件の物件を探すかです。もちろん、不動産投資においては高収入な人ほど有利なのは間違いありませんが、そういった人が必ずしもいい物件を選んでいるとも言えません。選択肢が広がるがゆえの問題点でもあるのですが、お金があるということは何でも買えてしまうわけで、業者から筋悪の物件をつかまされている人も多くいます。
お金をあまり持っていない、限られた条件の中で探している人のほうが、利回りが高いなど好条件の物件を購入しているケースが散見されます。最低限のお金は必要ですがそこからは熱意が重要と言えるでしょう。もっとも、熱意と行動力が大切なのは不動産投資に限った話ではなく、物事全般に言える基本的なことではあります。

ピックアップ記事

アパート経営における空き部屋対策を考える

アパート経営を始める場合、大きな課題点としてよくあげられるポイントが二つあります。一つ目は購入時の資金借り入れで、自己資金をいくらにするかに始まり、融資を受けるにしても返済計画をしっかりと練らなければ...

キャッシュフローが大切なアパート経営

最近、アパート経営を始めとする不動産投資が加熱していますが、失敗すると損害を負う可能性もあり得るため注意が必要です。中でも誤解されがちなことにキャッシュフローの重要性があります。アパートを経営するにあ...

アパート経営を成功させるポイント

せっかくアパート経営をするならば、効率よく収益をあげて成功させたいと考える人は多く存在します。ここでは成功させるポイントについて紹介していきます。一般論ではありますが、成功しやすい人物像というものがあ...

始めよう!アパート経営

日本でもアパート経営がブームになっています。周囲から不動産を買ったという話を耳にする人も増えてきたのではないでしょうか。ここでは、資産運用のためにアパート経営を始めることを考えてみましょう。アパートを...


活用法